ファウンデーションズと他のプログラミングスクールの初心者コースとのちがい

6/4/2021

こんにちは!日本語プログラム事業責任者の新徳雅隆です。

この記事ではファウンデーションズファウンデーションズライトと、他のプログラミングスクールでの初心者向けのコースとのちがいをお伝えしたいと思います。

私自身もプログラミングを勉強しようとしたときに某有名なオンラインベースの初心者向けプログラムを取った経験があるのですが、「教材を読みながら進めていくと何かができあがる ような体験でした。初心者ながら iOS のアプリを開発するコースだったので余計にそうかもしれません。

また他のプログラミングスクールを経て、Code Chrysalis のファウンデーションズを受講してくださった生徒さんが複数いるのですが、口を揃えて言うのは以下です。

体験として心地よいのもある意味モチベーションを続けるためには必要なのかもしれませんが、一方で何のためにお金をかけて勉強するんだっけ?と自分に問い直してもらえれば、それは自分が作りたい・書きたいプログラムを自分でゼロから書けるようにするためですよね?

他のプログラミングスクールは教材を読みながら進めていくといつの間にかコードができあがるので体験として心地よいが、自分でなにかゼロから書けと言われると全く書ける気がしない。だから Code Chrysalis のファウンデーションズを受講した。

体験として心地よいのもある意味モチベーションを続けるためには必要なのかもしれませんが、一方で何のためにお金をかけて勉強するんだっけ?と自分に問い直してもらえれば、それは自分が作りたい・書きたいプログラムを自分でゼロから書けるようにするためですよね?

自らゼロからコードを書ける力を身につける

これが、Code Chrysalis のファウンデーションズの訴求ポイントです。だからこそコンピューターサイエンスの話もかじるし、そして徹底的に自分で書く練習をするためにとても多くの問題集を提供しています。

そしてもう一つ特徴的なのは答えを提供しないこと

これはとても多くの議論を呼ぶと思います。実際にスタッフの中でも議論を続けているところです。どんなところが議論のポイントかというと、特に日本人向けにですが、日本の教育システムでは最初に答えを与えられることがほとんどだからです。

例えば高校受験や大学受験を経験なさった方は思い出していただければと思うのですが、多くの先生がまずは答えを見て解法を理解し、そのうえで同じ問題や似た問題を多く解いてその解法を身につけるようにしなさいと教えているのではないでしょうか?実際私もそうだったので、そのように勉強してきました。おそらくこれが多くの日本人の方に馴染む。

一方で私たち Code Chrysalis のファウンデーションズでは、自ら答えを導き出す力を持ってもらうことに焦点を置いています。なぜならその力こそがゼロから自分でコードを書く力だからです。ですが、これは特に初心者の勉強過程では痛みを伴う。なぜなら、解けないと進んでいる気がしないからです。

でも実は進んでいるのです。 あれこれ考えていろいろ調べてああでもないこうでもないと考えながらいろいろなコードを書くことを始める。Code Chrysalis のインストラクターは徹底してわからないことがあればいつでも質問をするようにと教えるので、どのように質問をしなければならないかを考える。この時点で、何がわからないのかを理解することが必要になります。そうやって質問できるようになる。そしてこの何がわからないのかを理解する力こそが、自分で調べて解く力=自走に繋がります。なぜなら何がわからないのかを理解すれば、それを調べられるからです。

自分でゼロから書けない人は自分が何がわからないのかを言語化できない方が多い

ここで答えを与えてしまうと、この何がわからないのかを理解するというプロセスを省いてしまいます。なぜなら答えから解法を得てしまうので、ソリューションが与えられてしまうから。確かに答えを先に与えて解法を理解することで、効率的に知識を多く増やせるでしょう。高校受験や大学受験に対してこの学習方法が適しているのは、出題範囲が文部科学省が決定するカリキュラムによって決められているからです。

一方でプログラミングの学習においてこの方法が向いていないのは、プログラミングの学習範囲は常に変化するからです。プログラミングの技術は常に毎日アップデートされます。もちろん基礎の範囲だけ理解するのであれば(ある固定された範囲だけ理解できれば十分なのであれば)別ですが、自分でゼロから書けるようになるということは、書きたい対象が求める技術なり知識なりを自分で調べる必要が出てくるということであり、その技術や知識はあなたが書きたい対象、時代や環境によって簡単に変わります。なので、あなたが本当に勉強する必要があるのが、基本の基だけであれば答えを最初から与えられる方が効率的かもしれませんが、大部分のプログラミングを勉強したいという人のモチベーションである自分でゼロからプログラミングできるようになりたいという目的を達成するためには、何がわからないのかを理解するプロセスは必要不可欠ということです。そして多くの日本人の方が、義務教育課程でこれを習得していないのも事実です。なぜなら先に解法を与えられて学習しているからです。実際に教えていても本当に多い。

人間は何がわからないのかをわからない状況は相当な苦痛を感じます。ゴールがわからないのにさまよっているようなものですから。なのでファウンデーションズやファウンデーションズライトは、多くの方が「きつい!」と言う。宿題を解くのに多くの時間を費やす必要があるのも事実です。初心者向けだからレベルとして難しくはないのですが、本質的な学習をするからこそハードな体験になるのは事実です。が、これをやらないとプログラミングをゼロからできるようにならないと信じているからこそ、このコースを提供しています。

つまり、ファウンデーションズとファウンデーションズライトはプログラミングの基礎を勉強したいというよりも、その基礎の知識を使って”ゼロからプログラミングを書けるようになりたい”人向けのコースと言っても過言ではないです。

プログラミングをゼロから自分で書けるようになりたい方には、ぜひおすすめのファウンデーションズとファウンデーションズライトです。

Code Chrysalis は日本・東京にあるプログラミングブートキャンプです。3 ヶ月間で強靭なソフトウェアエンジニアになるイマーシブは、オンサイトではもちろんリモートでも受講可能です。

👋 いつでもお気軽にお問い合わせください!

Twitter - YouTube - Instagram - Facebook - LinkedIn

Latest Articles

All Articles

What are Remote Courses Like?

Build essential skills to become an effective remote engineer.

Study Resources

Anyone can learn how to code. We want to help you get started.

10 Tips for our Technical Interview

Advice for effective studying and getting into our coding bootcamp.

 ブログ

全部

「オンサイト?」と思わせるオンラインクラス

必要なスキルを身に付け、働く環境に左右されない即戦力となるエンジニアになろう

勉強の材料

プログラムを書く勉強するのは誰でもどこでもできます! はじめの一歩を始めることを応援したい!

Jリーガーや陸上選手など、10競技18名のアスリートが集結。ATHLETE BEYOND教育プログラム、6月1日始動!

株式会社B-Bridge(日本支社:東京都文京区、代表取締役 桝本博之)、株式会社ギャビーアカデミー.(本社:東京都千代田区、代表取締役 ホール奈穂子)、コードクリサリス株式会社(本社:東京都港区、代表者 カニムニダサ、ヤンファン、古久保俊嗣)が運営するアスリート向け教育プログラム『ATHLETE BEYOND Educational Program』の初回受講生18名が決定致しました。プログラムは6月1日より、3ヶ月間原則オンラインにて開催されます。 プログラム詳細(https://www.athlete-beyond.com/education-program)