世界で通用するフルスタックエンジニアを6ヶ月のパートタイムで育成シリコンバレー式プログラミング・ブートキャンプ

6/15/2021

本プレスリリースをご覧になった方々限定割引

このプレスリリース発行後、本リリースをご覧になって『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』日本語版第一期に申し込み、入学試験を通過して、入学が決定した先着 12 名様限定で 10 万円割引いたします。最初の入学面談の時点で、本プレスリリースをご覧になったことをお伝えいただくことが適用条件となります。

プログラミングスクールの Code Chrysalis Japan 株式会社(本社:東京都・港区、CEO カニ・ムニダサ)は、アメリカ・シリコンバレー式のカリキュラムでウェブアプリや IoT、モバイル開発などフルスタック開発ができるエンジニアを 6 ヶ月間で養成する『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の日本語版を、2021 年 6 月から提供開始します。

世界に通用するシリコンバレー式プログラミング教育が”パートタイム”・”オンライン”・”日本語”で受講可能に

Code Chrysalis Japan 株式会社が提供する従来の『Immersive(イマーシブ)』は 3 ヶ月ブートキャンプ方式で集中的に訓練するため、基本的には仕事を退職、少なくとも休職し、多くの生徒が東京都港区にあるキャンパスに来校して受講していただいています。 しかし、仕事を続けながらも最高峰の教育を受けたい・仕事を退職するリスクは大きい・家庭の事情で東京に来られないなど、キャンパスで行う日本語イマーシブを受講できない方々がいたことも事実です。この度、より様々な方のライフスタイルに合わせつつも、フルスタックソフトウェアエンジニアになることができる、『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の日本語版を開講いたします。 カリキュラムの内容はほぼ従来の『Immersive(イマーシブ)』と同等で、Google、メルカリ、LINE などの魅力的な企業への就職や卒業後の高年収等、引き続き質の高いサポートを提供します。

『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の日本語版第一期は 2021 年 6 月開講予定です。

パートタイム・オンラインの”日本語版”の開講の目的

先日『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の開講をこちらでプレスリリースさせていただいたときにも触れましたが、英語と日本語に共通して、よりインクルーシブな学校となり、さまざまな事情を抱えている方々にも、即戦力と応用力のあるソフトウェアエンジニアとなることのできる教育を提供して、人生を豊かにしていただくことが、私たちのミッションです。

特に現在新型コロナウイルスの蔓延により、東京に住んでいる方もキャンパスに滞在することが憚られたり、地方に住んでいる方は東京に行くことが困難な状況になっています。一方でこのコロナ禍は私たちによりデジタル化の必要性を見せつけており、即戦力と応用力のあるソフトウェアエンジニアの雇用のニーズは高まるばかりです。また、すでにオンライン・パートタイムの『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の英語版は開講されているものの、全て英語で学習することに、自身の英語力がまだ不足していると自己評価している方々もいらっしゃいます。これらを踏まえ、『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の日本語版を 2021 年 6 月から開講することといたしました。

現在の仕事をしながらでも、日本でトップクラスのキャリアをスタートできます

『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の最大の魅力は、現在のお仕事を続けながらも、最高峰のプログラミング教育を受講できることです。当社の『Immersive(イマーシブ)』の卒業生の就職率と平均年収は、シリコンバレーにあるプログラミングスクール連合機関である CIRR によって、日本で唯一、第三者評価されて認定されている嘘偽りないデータであり、卒業生が働きたい会社に就職して、申し分ない給料を得ています。『Immersive(イマーシブ)』と『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』のカリキュラムはほぼ同等であり、同じ成果を出すことをお約束します。

リモートで効果的・効率的に働く方法を体得できる

『Immersive(イマーシブ)』と『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』を比較するとそれぞれに良い点があります。

『Immersive(イマーシブ)』はやはりキャンパスならではの、中学校や高校のような熱狂したクラス体験ができるということ。言い換えれば、逃げられない環境に身を置くことでやり切ることができます。一方で、『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』では、自己管理能力とリモートでの開発体験を多く得ることが可能です。当然環境はご自宅等になることから、自分でモチベーションを維持することが求められます。またチームによる開発でもリモートでの開発となることから、当然それに使用するツールに慣れ親しむことができ、またリモートでの効果的・効率的なコミュニケーションを体得することになります。まさにコロナ禍において必要とされ、また今後標準的に必須とされるスキルと考えています。 (参考:https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/spv/2102/09/news009.html)

Immersive - イマーシブは子育て中の母親も卒業しています

2021 年 2 月時点で、これまでに『Immersive(イマーシブ)』を卒業した子育て中の母親の方々は 3 名おり、中には幼い子どもを子育てしながらも受講した卒業生がいらっしゃいます。当社のミッションの一つは女性のエンパワーメントであり、いかに女性が社会で活躍するサポートをさせていただけるかを追求しています。この『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』の英語版と日本語版の両方の講座によって、子育て中の方を含め、より多くの女性の方にも受講していただけることを願っています。

体系的に学習できる場として、現役のソフトウェアエンジニアも活用している

『Immersive(イマーシブ)』の卒業生は 8 割が完全に IT 未経験の方々ですが、一方で 2 割の方々は IT 業界で働いていたり、ソフトウェアエンジニアとして働いていたりする方々です。特徴として、これまでレガシーなテクノロジーしか使用したことがないが、モダンなテクノロジーを自ら使えるようになりたいであったり、また固有のテクノロジーしか使える自信がなく、体系的に学びたいであったりというモチベーションで参加していただいています。

『Immersive(イマーシブ)』の体験が生み出す卒業生の就職率及び平均年収が高い一つの理由が、即戦力と応用力のあるソフトウェアエンジニアとなれることです。これは一つ一つの具体的なテクノロジーを学んで終わりではなく、抽象的に捉えることとメタラーニング(新しいことを学習するスキル)をトレーニングすることがカリキュラムとインストラクターの指導に組み込まれています。これによって、当社は IT 経験者のスキルの底上げにも貢献してまいります。

もちろん『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』のカリキュラムとインストラクターは『Immersive(イマーシブ)』とほぼ同一であり、成果は同じレベルをお約束します。

Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)の詳細

『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』日本語版第一期の詳細 参加が必要なコース期間:2021 年 6 月 28 日(月)から 12 月 17 日(金) クラスの時間:火曜日・木曜日の 19 時から 22 時と土曜日の 10 時から 17 時(宿題別途あり) 申し込み開始日:2021 年 3 月 1 日(月) 事前課題開始日:2021 年 4 月 26 日(月) 卒業プレゼン(DEMODAY):2021 年 12 月 16 日(木) カリキュラムの特徴:こちらのプレスリリースか、私たちの Web サイトをご参照ください

本プレスリリースをご覧になった方々限定割引

このプレスリリース発行後、本リリースをご覧になって『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』日本語版第一期に申し込み、入学試験を通過して、入学が決定した先着 12 名様限定で 10 万円割引いたします。最初の入学面談の時点で、本プレスリリースをご覧になったことをお伝えいただくことが適用条件となります。

Immersive Part Time (英語): http://codechrysalis.io/immersive-part-time

イマーシブパートタイム (日本語): http://codechrysalis.io/immersive-part-time/ja

パートタイムイマーシブの開講における創業者のコメント

・カニ・ムニダサ Co-founder 兼 CEO 東京でイマーシブブートキャンプを始めてから、多くの方々に受講していただく一方で、仕事を退職することなくこのプログラムを受講できないかと問い合わせをいただいてきました。今日、ようやくそういった方々にも即戦力かつ応用力のあるソフトウェアエンジニアへの道を提供できることになります。『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』は、今働いていらっしゃる方々が仕事を退職することなく、『Immersive(イマーシブ)』と同等の成果を得ていただけるように設計しています。プロフェッショナルレベルのコーディングを学びたいが、3 ヶ月間仕事を辞めることができない方、おすすめです。

・ヤン・ファン Co-founder 兼 CTO イマーシブブートキャンプで卒業生を輩出する過程で、コーディングは実に多くの力を生徒に与えることをまざまざと見てきました。会社ひいては様々な仕事において、柔軟性や人生における選択肢を自ら持てるということ。卒業生自らが育む、自らの成長エンジンと自信です。これから提供する『Immersive Part-Time(イマーシブパートタイム)』によって、さらに多くの方々にそれを経験していただき、また現在お持ちの仕事を退職することができない方々に対しても、インクルーシブなプログラムとなることを願っております。

Code Chrysalis Japan(コードクリサリス)株式会社について

日本とアメリカ・シリコンバレーの企業で 18 年働いた CEO のカニとシリコンバレーの大手機械学習スタートアップのソフトウェアエンジニアを経験したヤン・ファンが 2017 年 5 月に創業。日本を拠点にシリコンバレー式のエンジニア養成スクールである Code Chrysalis Japan を運営。2017 年 7 月から 3 ヵ月の短期集中プログラム『Immersive(イマーシブ)』を開始、2018 年 2 月から基礎的なプログラミング技術を学ぶ『Foundations(ファウンデーションズ)』プログラムを開始。卒業生をグローバル IT 企業への就職を果たすなど世界に通用する IT 人材を輩出している。法人向けにも事業展開しており、メルカリや NTTDATA などのハイテク IT 企業のエンジニア社員研修も行っているほか、NTTDATA などから社員トレーニングのために派遣を受け入れている。

日本本社:〒 106-0046 東京都港区元麻布 3-1-35 VORT 元麻布 B2

代 表 者:Co-Founder & CEO Kani Munidasa(カニ・ムニダサ)

事業内容:シリコンバレー式エンジニア養成スクール「Code Chrysalis」の運営

設 立:2017 年 5 月

U R L:https://www.codechrysalis.io/

宣伝素材:https://www.codechrysalis.io/media

Code Chrysalis は日本・東京にあるプログラミングブートキャンプです。3 ヶ月間で強靭なソフトウェアエンジニアになるイマーシブは、オンサイトではもちろんリモートでも受講可能です。

👋 いつでもお気軽にお問い合わせください!

Twitter - YouTube - Instagram - Facebook - LinkedIn

Latest Articles

All Articles

What are Remote Courses Like?

Build essential skills to become an effective remote engineer.

Study Resources

Anyone can learn how to code. We want to help you get started.

10 Tips for our Technical Interview

Advice for effective studying and getting into our coding bootcamp.

 ブログ

全部

「オンサイト?」と思わせるオンラインクラス

必要なスキルを身に付け、働く環境に左右されない即戦力となるエンジニアになろう

勉強の材料

プログラムを書く勉強するのは誰でもどこでもできます! はじめの一歩を始めることを応援したい!

Jリーガーや陸上選手など、10競技18名のアスリートが集結。ATHLETE BEYOND教育プログラム、6月1日始動!

株式会社B-Bridge(日本支社:東京都文京区、代表取締役 桝本博之)、株式会社ギャビーアカデミー.(本社:東京都千代田区、代表取締役 ホール奈穂子)、コードクリサリス株式会社(本社:東京都港区、代表者 カニムニダサ、ヤンファン、古久保俊嗣)が運営するアスリート向け教育プログラム『ATHLETE BEYOND Educational Program』の初回受講生18名が決定致しました。プログラムは6月1日より、3ヶ月間原則オンラインにて開催されます。 プログラム詳細(https://www.athlete-beyond.com/education-program)