「オンサイト?」と思わせるオンラインクラス

6/5/2021

「テレワーク」はもう外国企業や未来の働き方ではない

今世界で起きている危機的状況を踏まえ、「テレワーク」という働き方を浸透させ、リモートでもうまくチームを機能させながら効果的に成果を出すことは今後ビジネスを成功させるためにも必須だと感じている企業は多いのではないでしょうか。コロナウイルスは良くも悪くも社会のあり方に大きな変化を及ぼし、数多くの企業が今までのやり方、目標、社会に対する価値の提供のあり方や方法を見直しています。

この状況から、これまでの習慣の多くがいかに非効率かを思い知らされています。今私たちが必要に迫られて適応しなければならない働き方変革は、このパンデミック後、定着するものとなるでしょう。 これがコードクリサリスが向かうべき方向への正しい一歩であり、この一歩はまた私たちのプログラムをキャンパスの開催でもリモートでも開催できるようにするための、布石であることは間違いありません。

「400人以上の社員を抱えるCEOさえテレワークは上手く機能してくれていると言及している。さらに今のオフィス賃貸契約を更新しないかもしれないと話していた。年間1千万ドルの固定費(オフィス賃貸、社員のランチ費用等)を削減し、年に数回社員全員が集まる会議を外部で開催した方がはるかにい安いらしい。他にもそう考えている人はいるのではないだろうか。これは不動産業を永久的に変える動きだ。」

「テレワークについては好ましいことがたくさんある。効果的なミーティング、チームの良い意味での生活感(洗濯の音、背景の物、キーボードで音を鳴らす子供)、効率的な通勤(もしくは通勤する必要がなくなる)、家族との時間を増やせる、などなど。この状況が落ち着いた後も(落ち着いたらですが)、数週間はこのままテレワークにしようと思う。」

多くのソフトウェアエンジニアはこのパンデミックが起こる前から、リモートにいるチームメイトと協力し合いながらアプリケーションを開発することになんら違和感を持たず行ってきました。私たちが提供するオンラインのプログラムは、これから定着するであろうリモートワークで最も必要となるテクニカルスキルとコミュニケーションスキルを身につける絶好の場です。これらのスキルは今後在宅勤務制度のあるIT企業がディベロッパーに求める前提条件となるでしょう。

まさに今までの常識がこれからの常識とは限らない状況が目の前にあります。

インタラクティブなカリキュラム

今まで提供してきたオンサイトのカリキュラムをオンライン用に最適化し、生徒間の交流、インストラクターとの対話、アクティビティーの効果など質を落とさず、距離感を感じさせないカリキュラム構成となっています。

Zoomなどを用いてテクニカルワークショップ、チームビルディングアクティビティ、個々に応じて行う一対一のメンタリング、ライトニングトークのトレーニングや面接の準備など全てのレクチャーやアクティビティをオンラインで行います。

Code Chrysalis Tokyo Bootcamp | Remote lectures
Code Chrysalis Tokyo Bootcamp | Remote lectures

オンライン上でも常時オンタイムでサポートをするインストラクターが存在し、目の前にインストラクターがいて周囲にクラスメイトがいるクラスを「オンライン」という空間で提供しています。

リアルタイムのペアプログラミング

ハッキングタイム(それぞれ生徒がコーディング をする時間)はパートナーと二人組になりスプリントやプロジェクトに取り組みます。それぞれのパソコンから、同じファイル内でリアルタイムに一緒にコーディング ができる様、VSCode、LiveShare、Tandemを使用しています。

Code Chrysalis Tokyo Bootcamp | Remote lectures in Tandem
Code Chrysalis Tokyo Bootcamp | Remote lectures in Tandem

実際のデベロッパーが活用するデジタルな環境で活躍できる、テクニカルとソフトスキルの構築とその応用がここで学べます。

イマーシブプログラムについて

フルスタックエンジニアになるための超集中型12週間のフルタイムブートキャンプ

日本語で学ぶ

英語で学ぶ

ファウンデーションズコースについて

5〜7週間の初心者向け基礎プログラム

日本語で学ぶ

英語で学ぶ

Latest Articles

All Articles

What are Remote Courses Like?

Build essential skills to become an effective remote engineer.

Study Resources

Anyone can learn how to code. We want to help you get started.

10 Tips for our Technical Interview

Advice for effective studying and getting into our coding bootcamp.

 ブログ

全部

勉強の材料

プログラムを書く勉強するのは誰でもどこでもできます! はじめの一歩を始めることを応援したい!

Jリーガーや陸上選手など、10競技18名のアスリートが集結。ATHLETE BEYOND教育プログラム、6月1日始動!

株式会社B-Bridge(日本支社:東京都文京区、代表取締役 桝本博之)、株式会社ギャビーアカデミー.(本社:東京都千代田区、代表取締役 ホール奈穂子)、コードクリサリス株式会社(本社:東京都港区、代表者 カニムニダサ、ヤンファン、古久保俊嗣)が運営するアスリート向け教育プログラム『ATHLETE BEYOND Educational Program』の初回受講生18名が決定致しました。プログラムは6月1日より、3ヶ月間原則オンラインにて開催されます。 プログラム詳細(https://www.athlete-beyond.com/education-program)

女性のためのプログラミングブートキャンプ「Ms.Engineer」創設。最難関カリキュラムと提携し、IT業界のジェンダーギャップを解決する

株式会社アタラシイヒ(本社東京・代表取締役やまざきひとみ)は、女性のためのオンラインプログラミングブートキャンプ「Ms.Engineer(ミズエンジニア)」を創設し、0期生の募集を開始します。また、未経験からグローバルIT企業等へ卒業生を輩出した実績をもつ、日本最難関のプログラミングブートキャンプ「Code Chrysalis」とカリキュラム提携を行ったことをお知らせいたします。