入試プロセスを変更しました

6/4/2021

入試プロセスを変更しました

先月より、イマ―シブブートキャンプの入試プロセスを変更しました。これまでは、コーディングの課題をクリアした後、技術面接が行われていました。

しかし、私たちが技術面接と呼んでいるものは実際には「面接」というよりも、応募者への「コーチング」と呼ぶべきプロセスでした。今回の入試プロセスの変更は、応募者にとって「コーチング」という側面をより明確にし、イマ―シブブートキャンプに対する近寄りがたさを取り除くことを目的としています。

常にコーチングのプロセスを

私たちは、誰でもイマーシブブートキャンプをやりきるために必要な最低限のスキルを身につける、公平なチャンスがあるべきだと考えています。そのためには何を勉強すればいいのか、プリコースに取り組むために必要なレベルに達するにはどうすればいいのかなど、何度も面接をすることでコーチングを行っています。助言のない独学での学習は何が起こるかわからないこともあり、場合によっては遠回りに場合があるからです。

以下が、実装された変更点のリストです。

  • コーディングの課題がなくなりました。その代わりにアプリケーションにあなた自身についての情報を記入してください。コーディングの経験や目標についてなど、応募者ひとりひとりの声を聞きたいので、ぜひ私たちに教えてください。
  • これまでは「面接」と呼ばれてきましたが、定期的に行われる「コーチング面談」と考えていいでしょう。多くの候補者にとって、コーディングを始めて間もない頃に企業の技術面接を受けることになると思うと、ちょっと怖いですよね。そこで、私たちはこのプロセスを透明性のあるものにしたいと考えています。 定期的に進捗状況を共有したりすることで、あなたにとってのイマーシブ体験を成功させるための助言やアドバイスを提供しています。
  • 最初の面談は入学相談会です(希望者にはコーディングもあります)。私たちは皆さまが早く正しい道に進むためのお手伝いをしたいと考えています。そのために、あなたの目標や、Code Chrysalisから何を得ようとしているのかをお聞きしたいと思います。 プログラムの選択範囲は数年前よりも広くなっていますので、あなたに最適なプログラムを見つけたいと考えています。ご相談いただければ、適切な方向性をご案内することができます(イマーシブブートキャンプが適していると思われる場合は、次回の技術的な面談のスケジュールをご案内できます)。

これらの内容は、イマーシブへの入学基準を変更するものではありません。入学基準はこちらで読めます。

願書を提出することで自動的に入学できるわけではありませんが、コードクリサリスの技術基準を満たすため、入学担当者からサポートを受けられます。面談を重ねることで、勉強に集中する環境を手助けします。

私たちは、以下のような能力を持つ学生をイマーシブに選抜しています。

  • 問題解決能力
  • 粘り強さ
  • コミュニケーション能力
  • 悔しさを糧にする能力
  • JavaScript の基礎知識
  • 高階関数や、クロージャなどの中間概念の知識

これらのことをすでに知っていれば面接は 1 回で済むかもしれません。ですが、もちろんまだ自信がなくても大丈夫です。

私たちはあなたが面接を受けるお手伝いしたいと思っています。

執筆:入試のスペシャリストで教育用ソフトウェアエンジニアのジル・ハックニーと、共同設立者で CTO のヤン・ファン

入試プロセスの内訳については、こちらの投稿「コードクリサリスに入るには」をご覧ください。

応募にご興味を持っていただいた方は、こちらのお申込みページへお進みください。

最新の卒業プレゼンテーションで、コードクリサリスの学生がどのようなアウトプットをしているかをご覧ください。

Code Chrysalis は日本・東京にあるプログラミングブートキャンプです。3 ヶ月間で強靭なソフトウェアエンジニアになるイマーシブは、オンサイトではもちろんリモートでも受講可能です。

👋 いつでもお気軽にお問い合わせください!

Twitter - YouTube - Instagram - Facebook - LinkedIn

Latest Articles

All Articles

What are Remote Courses Like?

Build essential skills to become an effective remote engineer.

Study Resources

Anyone can learn how to code. We want to help you get started.

10 Tips for our Technical Interview

Advice for effective studying and getting into our coding bootcamp.

 ブログ

全部

「オンサイト?」と思わせるオンラインクラス

必要なスキルを身に付け、働く環境に左右されない即戦力となるエンジニアになろう

勉強の材料

プログラムを書く勉強するのは誰でもどこでもできます! はじめの一歩を始めることを応援したい!

Jリーガーや陸上選手など、10競技18名のアスリートが集結。ATHLETE BEYOND教育プログラム、6月1日始動!

株式会社B-Bridge(日本支社:東京都文京区、代表取締役 桝本博之)、株式会社ギャビーアカデミー.(本社:東京都千代田区、代表取締役 ホール奈穂子)、コードクリサリス株式会社(本社:東京都港区、代表者 カニムニダサ、ヤンファン、古久保俊嗣)が運営するアスリート向け教育プログラム『ATHLETE BEYOND Educational Program』の初回受講生18名が決定致しました。プログラムは6月1日より、3ヶ月間原則オンラインにて開催されます。 プログラム詳細(https://www.athlete-beyond.com/education-program)