WEBで簡単!今すぐ無料で相談してみる▶︎


「業務要件は設計できるけど、
コードは書けない」

「名ばかりSEではなく、
アプリやウェブサイトを開発できる
ソフトウェアエンジニアになりたい」

こんな、悩みを抱えていませんか?

スマホを見れば、
活躍している同世代のツイートが目に入る。

会社も「DX」と言い始め、
IT系大手企業とエンジニア派遣について話しているという噂

「今のスキルで転職できるんだろうか」と不安になる.......。

こんな思いを抱いて入学した人が、
卒業後自信を持って「ソフトウェアエンジニアです」
と言えるようになる学校が

「コードクリサリス」です。

メルカリや
野村総合研究所(NRI)など、
すでにソフトウェアエンジニアとして
活躍している方も受けに来る
「イマーシブ」コースは
1クラス24人制で、入学試験あり。

17%の人しか受かりません。
基準に到達できなければ
退学という厳しさ。

海外出身の
ソフトウェアエンジニアを中心に
口コミが広がり、創立4年で
651人が卒業し、就職率87.5%
(アメリカのプログラミング・
ブートキャンプ業界NPO『CIRR』
認定期間:2019年1月〜2019年6月 )
を誇ります。

卒業生の就職先一例

私たちコードクリサリスは、
シリコンバレーで
実際にソフトウェアエンジニアとして
働いていた中国系アメリカ人と、
プロジェクトマネージャーとして
働いていたスリランカ系アメリカ人が
設立しました。

カリキュラムは
現場での経験が豊富に取り入れられた、
まさに実践式。

アメリカでは
一般的な短期集中型(ブートキャンプ)で、
受講生もさまざまな国から
わざわざこのクラスを受けにやってくるほど。

誰でも卒業できる、簡単なカリキュラムではありません。

ですが、コース修了後には、
興味のあるプログラミング言語や技術をゼロから学んで自走し、
どんどん自分のスキルを高めることができます。

コーディングができるエンジニアになろう!

透明性ある卒業生の雇用統計データ

CIRR(Council Of Integrity In Results Reporting)、米・カリフォルニアにあるプログラミング・ブートキャンプ業界団体NPO日本のブートキャンプ(短期集中)型プログラミングスクールでは初めての認定。
同NPOには、アメリカの有名コーディングスクールHackReactor(ハック・リアクター)やFullstackAcademy(フルスタック・アカデミー)も認定されています。

日本も認める就職実績

コードクリサリスのイマーシブは、経済産業大臣認定講座(第四次産業革命スキル習得講座)に認定されました。2020年10月以降に開催するイマーシブは、第四次産業革命スキル習得講座対象の講座です。

よくある質問

Q. コースの申し込み方法を教えてください。

A. 公式ホームページ右側の「お申し込み」ボタンをクリックし、「入学仮申込フォーム」をご記入ください。こちらのフォームに記載されましたEメールアドレス宛に、ご入学の流れについての情報をお届けします。
Q. 教育訓練給付制度は使うことはできますか?

A. 英語・日本語イマーシブコースを対象に申請することができます。教育訓練給付金を申請される場合、必ずハローワークに受給資格があるかご確認ください。(※イマーシブパートタイムは給付金の対象ではありません)
Q. 授業料のお支払い方法を教えてください。

A. 授業料のお支払いは、銀行振込・電信送金、クレジットカード、現金、学生ローンのいずれかの方法でお支払いいただけます。
Q. 「生涯キャリアサポート」で提供されるものは何ですか?

A. イマーシブを修了した方は、転職支援チームによる「生涯キャリアサポート」を受けられます。応募を開始してから契約書に署名するまで、すべての就職活動ステップをサポートします。

具体的には、履歴書や送付状の書き方、技術的およびソフトスキルの面接準備、ホワイトボード面接対策、給与の交渉、市場分析、ネットワーキング・ワークショップ、模擬面接、長期的なキャリア構築のアドバイスなどがあります。
WEBで簡単!今すぐ無料で相談してみる▶︎