英語コミュニケーション集中講座に申し込むべき8つの理由


1

あなたのTOEIC点数には興味がありません。

コードクリサリス (CC)はコミュニケーション能力を向上させることが大切だと思っています。

2

教科書は使いません。

実際の英語環境や状況で活躍できるよう、ネイティブスピーカーが普段目にする文書や映像、話題などを教材にしています。

3

宿題は授業の準備をしてもらうために出すもので、点数をつけるためのものではありません。

また、このコースには最終試験がありません。あなたが英語の環境でどれくらい快適でいられるか、自信があるか、やっていけるかという実感が、成長を測るための最良な方法だと考えているからです。

4

水泳についての本を読むだけでは泳げるようにはならないと思います。

また、クラスに出席するだけでは英語が話せるようになることはないと思っています。英語の環境にどっぷりと浸り、授業に積極的に参加し、適切なスキルを開発するために懸命に努力する必要があります。

5

授業では辞書を使用しません。

あなたがすでに持っている技術と知識を最大限に活かす挑戦を与えます。自分の時間に語彙を増やすことはできるので、授業の時間は対面の会話を通じてコミュニケーション能力を向上させる機会に使います。

6

人生には台本がないのと同じように、CCの会話クラスも台本はありません。

「台本がワン・パターンの英会話」や「リピート・アフター・ミーばかりの英会話」ではなく、即興的な英語を話せるように指導をします。

7

楽しんでいる時が最もよく学べると信じています。

興味とモチベーションを保てるように、授業では楽しいアクティビティと会話のトピックを用意します。

8

「完璧」ではなく「進歩」を目指してほしいです。

精一杯がんばって自分の快適なゾーンから一歩踏み出し、試行錯誤を通して学んで欲しいです。

インストラクター紹介

ヘザー・ドビン
プログラム部長

ヘザーは英語指導と学術プログラムの開発を専門としています。韓国と日本で併せて8年間の指導経験があります。ヘザーは、英語教育を通じて日本がより積極的に国際社会で活躍できるように支援をすること、異文化間コミュニケーションの促進、日本語学習、そして小説を読む事に主に関心を持っています。学歴には心理学、ソーシャルワーク、英文学などが含まれます。

メラニー・テイラー
英語カリキュラムのディレクター

フリーランスの通訳、語学講師です。コミュニケーションを促進し、教育や舞台芸術につながる興味深いプロジェクトを楽しんでいます。ニュージーランドで生まれ育ったメラニーは、13年間日本で働いていました。通訳と翻訳研究の修士号を取得しています。

受講生の声

コードクリサリスに参加して一番良かったと思うことは、新しいことに挑戦するマインドセットを学べたことです。自分は英語に対する苦手意識が強かったのですが、コースを通じて楽しみながら学習できるようになりました。日本では英語学習の様々な選択肢があるかと思いますが、このような環境は他にないと思います。経験豊富なスタッフ、同じ志をもったクラスメートがサポートしてくれる最高の環境です。ぜひおすすめしたいです。

Manabu - Hardware Engineer in Ibaraki

私は少し変だけど、英語を使って上手にコミュニケーションを取る外国人の存在を知っており、私もそうなりたいと長年考えていました。日本では英語によるコミュニケーションに重点を置いたスクールはなく、これは日本で唯一、日本人が英語でコミュニケーションをとることに重点をおいた実践的な素晴らしいプログラムです。シャイで自分の表現が苦手な日本人に最適化されており、一緒に参加する仲間と短期間でコミュニケーション力を高めることができました。

Masa - IT Company Director in Fukuoka

1ヶ月間英語を話し続けた経験が、私の自信になりました。今の私の拙い英語スキルでも、言いたいことが言えた、相手の言うことを理解できた、という経験を何度もしました。私はこれまで英語は苦手だと思い込んで、英語と向き合わない生き方をしてきましたが、もう逃げられません。英語ができる人生が始まってしまったのです。勇気を出してこのコースを受けてよかった!あなたもぜひ!

Akira - IT Product Manager in Tokyo

ワークに夢中になっていると自然と多くの学びが得られる。そんなコースでした。このコースのとても良いところの1つは、コミュニケーションの技法に直結した形でレッスンが行われることだと思います。「日本語が下手な人は英語でもコミュミケーションもうまくできない」という話がありますが、このコースに真剣に取り組めば日本語のコミュミケーション能力の向上も見込めると思います。

Kaz - System Engineer in Tokyo

コードクリサリス英語コミュニケーション集中コースの授業は、土日8時間×4週間連続で集中してスピーキング、発音、リーディング、ライティングを総合的に実施します。英語でのアウトプットをしなければならないため、日本に居ながら外国の環境に置かれた状況になるため、最初は戸惑うかもしれませんがその分英語力が飛躍的に上がります。 義務教育である程度英語の読み書きは出来るが、英語で話すことに抵抗があるという方には特におすすめのコースです。

Michiko - Advertising Manager in Miyazaki

コースを受ける前まで、自分なりに英語の勉強はしていましたが、多くの時間を割くことは難しいと思っていました。このコースの間だけでも英語勉強にフォーカスしようと覚悟を決めて受講しました。宿題を多く出してくれるので、気がつけば予想以上に多くの時間を英語に費やすことができました。コースが終わった後も、隙間の時間を見つければ英語を読んだり聞いたりしています。以前の2倍くらいは英語に触れるようになりました。良い習慣づくりができたと思います。

Hiroaki - Software Engineer in Tokyo

ECIウイークリースケジュール

アジャイル方式で英語を学ぼう!こちらはサンプルスケジュールです。随時生徒に合わせながらカリキュラムの調整をしています

Week 1

オリエンテーション

グロースマインドセットの育成

SMARTゴールの作成

ネットワーキングのコツ

マンツーマン・レッスン

Week 2

身の上話を英語で作成

グループでの意見交換

アクティブ・リスニング&聞く・話すバランスの取れた会話

宿題:ペアで行うオンラインでの会話

Week 3

インパクトのある発言をする

フィードバックの提供

プレゼンテーション

マンツーマン・レッスン

Week 4

戦略を立てる

ディベート

チームとのポジティブな対話

宿題:ペアで行うオンラインでの会話

Week 5

モチベーションやフィーリングの表現

抽象的なアイディアの表現

プレゼンテーション

マンツーマン・レッスン

Week 6

テクニカルな説明

物議を醸すトピックについて語るコツ

目標を達成するためのコラボレーション

宿題:ペアで行うオンラインでの会話

Week 7

早読みのコツ

ステージでの存在感

即興スピーチ

マンツーマン・レッスン

Week 8

秘密のアクティビティ

ファイナルプレゼンテーション

宿題:ペアで行うオンラインでの会話

コース詳細

受講料:早割 ¥150,000 | 通常 ¥175,000

場所
  • [週末]東京都港区元麻布
期間
  • 8週間で授業時間は約72時間
時間
  • 毎週: 土 9:00ー18:00
  • ビデオ電話で50分間 x 4
今度のコース日程早割締切最終締切
2019年3月5日ー4月27日2019年2月16日2019年3月2日
2019年4月30日ー6月22日2019年4月2日2019年4月26日
2019年7月2日ー8月24日2019年6月8日2019年6月28日

コース日程を随時更新します。

英語力、コミュニケーション能力、自信を同時にレベルアップさせる機会です。

この定時制コースは、英語能力、コミュニケーションスキルを本格的に向上させ、自信をつけたい方のためにあります。 成長する心構えそして努力と進捗に焦点を当てた教授法を利用しています。 ECIは当校のコーディングコースのために受講、あるいは英語とコミュニケーションが必要な個人または専門職の目標を達成するために受講することができます。 自己表現、成果そしてバランスのとれた自然な英会話を重視しています。

TOEICのスコアや年齢などの数値にこだわりません。 テストのスコアはコミュニケーション能力を表すものではなく、英語のスキルはいつでも向上できるものだと信じています。 唯一の入学資格は、8週間プログラムを終了するコミットメント、やる気を持っていること、そして向上心です!

私たちの教授理念を念頭において開発されたこのコースは、生徒が多様な環境、英語のみの環境、あるいは多言語環境で能力が発揮できるようになることにフォーカスを置いています。

さまざまなトピックに基づいたアクティビティーを通して、生徒たちは次のようなシナリオにおいて、英語でコミュニケーションができるようになります。

  • ディスカッション(ペア、グループ)
  • 一対一のビデオ会議でのミーティング
  • 人前でプレゼンテーションをする(その場での発表、準備されたプレゼンテーション)
  • 本格的な英語の教材(TEDでのスピーチ、音楽および時事ニュースの記事など)との相互交流
  • チームでの討論
  • フィードバックとアドバイスの交換、自己評価

興味津々?紹介映像で「見学」してね!

自信をもって英語で話せるようになりましょう。