FAQ (よくある質問)

Immersive

Foundations

カリキュラムはどのような感じですか?

カリキュラムは、いくつかの要素に分けられ、コンピューター科学、サーバーサイド、フロントエンド、継続的デリバリー、技術的リーダーシップ、そして卒業後の準備、といった具合に進行します。これらは全てプロジェクト型で提供され、さらに他にも最先端の技術や方法論を勉強します(ペアでのプログラミングやテスト駆動開発、アジャイル開発など)。現代の技術者チームの頂点にできるだけ近いことを教室で行います。

詳細には以下のボタンをクリックしていただいてシラバスをご参照ください。

イマーシブプログラムに参加するためにはどのくらいコードを書ければ良いですか?

CTOのYanが入学までのプロセスについて詳しく書いたブログがMediumにあるので読んでみてください。こちらがブログです。

求めている技術的な知識レベルは、JavaScriptにおける高階関数(HOF)、オブジェクト、配列の簡単な理解までです。

codewars の8級と7級レベルが解けるかどうかが良い指標になります。

試験の出題範囲はおおよそ下のようになります。

関数
  • 関数の作成及び活用
  • 引数を使用する目的と使い方
  • 関数を、別の関数の引数として引き渡す方法
  • 変数化した関数の扱い
  • 「return」とは
配列とオブジェクト
  • 配列とオブジェクトを書いて使ってみる
  • 配列とオブジェクトのちがい
  • オブジェクトの中の関数(メソッド)を用いる

また、私たちとしては教室を、温かく、通じ合える、個人が前向きになれるような場にしています。志願者のフラストレーションや新しい事柄に適切に対処する能力も評価します。

ご興味がある場合はぜひ直接お会いしてお話しできたらと思います。私たちのイベントなどに参加して、気軽にお越しください。

何回まで受験可能ですか?

受験回数に上限はありませんし、何回でも再挑戦が可能です。もし不合格でも再挑戦のためにフィードバックと改善すべき点に関する情報をお渡しします。

プログラム開始の何日前までに申し込めば良いですか?

プログラムの1ヶ月前までに合格していただければ入学できます。ただし、志願者の経験値や技量によって例外を設けることもあります。

集中講義への合格率はどれくらいですか?

2018年3月時点で、12週間のイマーシブプログラムの合格率は、だいたい高くて23%程度です。

どんな人材を求めているのですか?

見込みのある受講生の方は、モチベーションが高く、コードの基本を自分から学びに行く傾向にあります。私たちは、皆さんの経歴や学歴ではなく、人となりや、ストレスや困難にいかにして打ち勝つかという姿勢を重視します。

イマーシブプログラムでは、なぜ日本国内の講義なのに英語を使うのですか?

「日本人は、職を変えて新たな試練に挑戦する人が少なすぎる。プログラミングにつけ英語につけ、ビジネスに役に立つほどのレベルまで勉強する人間が少なすぎるのだ。」--楽天市場創設者兼代表取締役 三木谷浩史」, 引用元.

テクノロジーやソフトウェアの世界で使用されている最先端の技術の多くは英語での知識の獲得が必要だったり、英語でのコミュニケーションが必要だったりします。

確かに日本語しか話せなくてもソフトウェアエンジニアにはなれます。しかしそれでは、常に機会損失をしたり大きな後れを取っていたりすることになります。

英語を操れなくては、日本語を話してもらえる自分の領域から外に出たとき、自主性や独立性がほとんど保てません。英語なくしては、使えるリソースが非常に限られてしまうのです。

例えば、文書、ブログ、書籍、ウェブサイトも、ほかの人に頼り切って翻訳してもらうことになってしまいます。

こうした理由から、英語がわからないソフトウェアエンジニアは、英語ができるソフトウェアエンジニアに決して敵いません。だから英語で講義をしています。

どれくらいの英語力が必要ですか?

イマーシブプログラムは、英語とプログラミング漬けの環境を用意しています。英語を流暢に話せる必要はありませんが、読み書きをしていただくことにはなりますし、授業は英語で進んでいきますので、読解や聴解の力は高いことが望ましいです。

集中講義の期間は、どれくらいの時間教室等に拘束されますか?

プログラムが始まる前に、合格者には事前課題をこなしていただきます。事前課題はプログラム開始までに終了していただくことが必須で、講義が始まる段階で全生徒に一定の基礎レベルに到達してもらうためのものです。

その課題を終了・習得した後に、プログラムで12週間を過ごすことになります。

授業は平日の午前9時から午後6時までに加え、週あたり15時間以上の宿題があります。

1日のスケジュールはどのような感じですか?

プログラム内でのプロジェクトや演習の状況によって、1日の様子は変わってきます。演習はプロジェクトベースとなっており、基本的には数時間から数日要するものになっています。それぞれが特定のテーマに焦点を当てられています。

私たちのカリキュラムは、原則としてチームやペアを組みプロジェクトを進めることを重視しています。講義外でも、受講生は仲間やチームと共に、親睦を深めつつアプリケーションを作り上げたり習った新しいテクノロジーを積極的に使ったりします。講義期間が終わるまでに、受講生はたくさんのプロジェクトに取り組み、最終的には皆さんが熱気に溢れて卒業プロジェクトを完遂されています。

日本国外から、外国人の受講生がやってくることもありますか?

あります!

今のところ、アメリカ、イラン、ドイツ等々、いろいろな国々から東京でこの濃密な3ヶ月を過ごすために受講生がやってきています。まさに文字どおりのダイバーシティ溢れる環境です。

ビザや住居支援などを外国人の生徒のために渡したりはしていますか?

私たちは、この学校やプログラムについての文書を作成することで、VISA取得を補助しております。必要に応じて日本領事館の担当者から連絡が来るようになっております。海外の方は、有効なビザを取得するために、自国で 直接日本領事館に手続きを申請 しなければなりません。

住居の支援については家自体を提供することはありませんが、近所のことや賃貸会社などの情報、あるいは日本での暮らしがどのようなものか、アドバイスをすることは可能です。教室付近で、 「さくらハウス」 のような、シェアハウスを探すことをオススメします。

全くの初心者ですが、参加は可能ですか?

イマーシブプログラムについては初心者の受け入れは原則行っていませんが、自分でひととおり勉強したり、Foundations:初心者向け基礎プログラムに参加したりして勉強していただいた後に参加いただくことは大いに歓迎しております。私たちの受講試験ではJavaScriptのプログラミングの基礎をテストしています。また、今では無料にして素晴らしいリソースがオンラインでいくつも手に入りますので、お教えしておきます。

なぜJavaScriptを使うのですか?

「JavaScriptを使って書けるアプリケーションは、いつか全てJavaScriptで書かれることになるだろう」-stackOverflow 代表取締役 Jeff Atwood

この疑問についてブログを書いています。気になる方はこちら:,MediumHatena (JP)。

Foundations

申し込み方法

(1) こちらからお申し込みください。 www.codechrysalis.io/apply/foundations..

(2) お申し込み後、こちらから追ってご連絡させていただき、15分ほどお時間をいただいてコーディングを学びたいと考えたきっかけ等をお聞かせください。これは入学試験または面接ではないのでご安心ください。

(3) 受講の契約に署名いただいたら、準備完了です!

コーディングの経験は必要ですか?

このコースは初心者向けなので、プログラミングの経験はなくても全く問題ありません!必要なのはパソコンとGoogle Chromeだけです。

授業に来れられない日があったらどうすればいいでしょうか?

お申込みのときにすでに授業に来られない日がわかっている場合は、 [email protected]. までご連絡をお願いいたします。基本的には1回の欠席であれば問題ありません。

15分間の面談では何が求められますか?

申し込みを終了したのち、15分間の簡単な面談を予約するためのメールをお届けします。直接お越しくださっても良いですし、Google ハングアウトでも可能です。

この面談は単純にお申し込みされた方のゴールをお聞かせいただき、何か質問やご心配ごとがあればお聞きいただくもので、テストではございません。

英語の基礎プログラムをご受講いただく場合で、英語ネイティブではない方の場合はプログラムを受けられるかどうかを確認させていただきます。

また、全ての授業に参加いただけるかどうかを確認いたします。もし最初の週の全ての授業に参加できない、または全体を通して3回以上の欠席がすでに決まっている場合は、別の期間の基礎プログラムをご受講いただくことを推奨いたします。

面談の日時を変更したい/キャンセルしたい/面談に参加できなかった場合はどうしたら良いですか?

予定が変わってしまうことは当然ありますのでご安心ください。Googleカレンダーで予約したイベントをクリックして予定を変更してください。

すぐに説明会は再設定できますので [email protected]. に簡単に再設定を希望される旨をお送りください。説明会を予約することは必須ではないのでそのまま授業を受けることをお決めの場合はその旨を [email protected] にお送りください。

授業料はどうやって払えば良いですか?

支払いは銀行振込でお願いたします。お支払い後に支払った旨のEメールを [email protected] までお願いいたします。

海外口座からお支払いの場合は TransferWiseをお薦めします。

それ以外の支払い方法をご希望の方、またはお支払い時に何か問題が発生した場合は [email protected] までご連絡お願いいたします。

なお振込手数料はご負担いただくようお願いいたします。

ークレジットカード、ペイパル等での支払いはできますか?

現在は銀行振込のみ受け付けています。それ以外の支払い方法をご希望の方は  [email protected] までご連絡お願いいたします。

授業料は卒業後に支払うことはできますか?

授業料の支払いは授業開始までにお願いいたします。支払い完了が難しい場合は  [email protected]までご連絡お願いいたします。

支払いが完了した後は?

入学おめでとうございます!支払いが完了した時点で正式に入学が決まります。

コースが開始する前にスタッフより当日持参するもの、出席する前に準備することについてご連絡します。

ご自分で先に勉強を進めたい方はこちらより無料で勉強できるサイトについてもご紹介します。

ー初日はどこに行けば良いですか?

レッスンの場所は事前にメールで連絡されますので必ずご確認お願いいたします。また教室は通常、授業開始時間30分前から使用可能となっておりますので予めご了承ください。

授業は何語で行われますか?

英語でのプログラムは英語、日本語でのプログラムは日本語で行われます。

英語でのプログラムで、英語でのコミュニケーションが不安です。。。

英語の授業についていけるか不安にお感じの方は無料の15分面談をご予約していただけます。

スタッフが一対一で不安な点などお答えします。なお、面談はもちろん日本語で可能です。

授業を受けて頂く前に出来るだけ不安を解消し、納得していただいた上でお申し込みいただきたいと考えておりますのでどうぞお気軽に面談をご予約ください。

また、日本語でのプログラムもご提供しておりますので、英語での受講に不安がある方は日本語のプログラム受講をお勧めしております。

コンピュータに何か指定はありますか?

基礎プログラムにおいては特段要件はありません。もしイマーシブプログラムのご受講を考えている方は最低でも以下の要件を満たすコンピュータが良いかと思われます。

イマーシブプログラムに必要なコンピュータの最低要件
  • 8 GB of RAM (最低でも)
  • 2 GHz processor speed
  • 2-core hyper-threaded processor

基本的には3、4年を経過したOSのご利用はお勧めしておりません。

他の方(特に他のソフトウェアエンジニア)と共有してお使いになられているコンピュータのご使用はお勧めしておりません。コンピュータに造詣が深くになるにつれてご自分の設定をすることになり、それによって他の方の設定を変えてしまう恐れもあるからです。

もし欠席する場合はどうしたら良いですか?

前もってご連絡ください。もし最初の週を全て欠席するとその後の授業についていけなくなる可能性が高いので、その場合は次の期のプログラムを受けることをお勧めしております。