IMMERSIVE =「没入型」カリキュラムとは

THE IMMERSIVEは、自律性を持った柔軟性の高いソフトウェアエンジニアを育てることを目的とした、フルタイムの高度なプログラムです。カリキュラムは業界の要望に沿い、効率とインパクトを与えるために最適化されています。

卒業時までに、即戦力のエンジニアとして活躍できる技術と自信が身につけられるプログラム構成になっています。

基礎をマスターし、新しいテクノロジーを習得する

基礎を徹底的に習得することで、目まぐるしいテクノロジーの変化にも柔軟に対応する力を身につけます。

優れたキャリア・サポート

レジメから給料交渉まで、就職にまつわる全てのサポートを提供しており、卒業生の平均給与は東京での業界平均を77%上回っています。

グレードの高いウェブアプリケーションを構築する。

生徒は卒業までの12週間で、最低5つのフルスタックプロジェクトを完成させます。

実績

生徒のプロフィール

当校のプログラムは、キャリアアップを目標にしている方、またはキャリアチェンジを目指している方、どちらにとっても挑戦しがいのあるカリキュラムとなっています。

卒業生の年収は、業界平均を最高で300万円も上回る。

エンジニア職を希望する生徒たちの卒業後の就職率は100%。

東京におけるジュニアソフトウェアエンジニアの平均年収

卒業生の声

from English teacher to software engineer, Code Chrysalis
ボウ・ドビンさんZehitomo、ソフトウェアエンジニア

"「来日後、英語教師をしながら携わった学校での技術プロジェクト通して自分の中にあるプログラミングへの興味に気付かされました。そしてキャリアチェンジを模索していた私の人生はCode Chrysalisによって大きく変えられました。自分自身にチャレンジをし、努力を惜しまず、心を広く持てるようでしたらきっとあなたにも私と同じような結果が待っているでしょう。」"

第4期生についての特集はこちらこちらをアクセス。ボウさんは、Code Chrysalisに入学する前は群馬県で英語の教師をしていました。
Ryuta Udo
有働 龍太さんQuoine、ソフトウェアエンジニア

「最初は技術面だけを学習するものだと思っていましたが、Code Chrysalisではプロジェクトやチームのマネジメント、共同作業や人前での発表など、他にも多くの挑戦がありました。それらを一歩ずつ乗り越えることで、自分に強く自信が持てるようになりました。」

Code Chrysalisに入学する前は、龍太さんはマーケティングの仕事をしていました。
Kumiko Haraguchi, Code Chrysalis
原口 久美子さんPaidy、ソフトウェアエンジニア

「技術に対する好奇心、そしてImmersiveでの経験が決め手となりました。Code Chrysalisを卒業していなければ、このオファーはなかったと思います。皆さんのおかげで、人生で最もすばらしい決断をすることができました。

久美子さんに関する記事はこちらとこちら。
from English teacher to software engineer, Code Chrysalis
アレックス・オギルビーさんZehitomo、ソフトウェアエンジニア

「まさに人生が一変します。3ヶ月間仕事から離れ、何かエキサイティングで、面白く、楽しいことに集中することはすばらしいチャンスです。」

第4期生についての特集はこちらこちらをアクセス。アレックスさんは、Code Chrysalisに入学する前は埼玉県で英語の教師をしていました。
Bill Feng, Code Chrysalis
ビル・フェンさんR/GA、ソフトウェアエンジニア

「とても厳しかったですが、それ以上に達成感があり、得るものが多かったです。困難に立ち向かう度に自分のレベルが高まっていることが実感できました。このコースを諦めず、最後までやり通せば人生が変わると思います、私のように。」

ビルさんについてもっと知りたい方はこちらこちら。

卒業生へオファーを出した企業一覧(一部)

Google
R/GA
Zehitomo
Paidy
Mighty Hive
Quoine
Fast Retailing
Sony Playstation
Lancer
Japan Taxi
Moneytree
Leapmind
Original Stitch
PlayNext
NTT Data
Kyokan
Trading Screen
InstaVR

IMMERSIVE COURSE

学費: ¥1,030,000

キャンパスの所在地
  • 東京都港区元麻布(六本木ヒルズ近く)
期間
  • 12週間、540時間以上の授業時間
時間
  • 月〜金、9:00〜18:00
  • *週に約20時間分の宿題が出ます
IMMERSIVE:今後の日程入学手続きの締切(インタビュー含む)基礎コース(準備期間中のオプションとして)
2019年4月8日ー6月28日(第8期生 ※ゴールデンウィーク中も授業を実施します)2019年3月11日1月8日からの基礎コース
2019年7月7日ー9月27日(第9期生)2019年6月8日3月5日からの基礎コース
2019年10月7日ー12月27日(第10期生)2019年9月9日5月7日・6月11日からの基礎コース

カリキュラム詳細

準備コース(通信教育/4−8週間)

THE IMMERSIVE に必要な基礎の習得

入学予定の生徒は全員、約2ヶ月の準備コースを行います。準備コースは一連のプロジェクトや課題で構成され、生徒全員がIMMERSIVE初日までに基本的な知識を備えるためにあります。

第1週〜第2週

コンピュータ科学とJavaScriptの応用

準備コースで得た基礎の復習をした後、再帰、継承パターン、オブジェクト指向型プログラミング、テスト駆動開発、データ構造や関数のプログラミングなどの上級基礎を学びます。

Reactで使われている仮想DOMを自分たちで実装し直し、実用に向けて技術を磨いていきます。

第3週〜第6週

フルスタック、ソロプロジェクト

バックエンドからフロントエンドまで対応できるフルスタック能力を身につけます。多数の個人やチームプロジェクトに取り組み、最後は自分が選択したフルスタックプロジェクトを一から構築します。

この期間中カバーする内容は、GraphQL、Node.js、Express.js、React、Redux、継続的インテグレーションと継続的デリバリー、チームでのワークフロー、フレームワーク・アーキテクチャなどなど様々なトピックが含まれます。

また、業界をリードするPivotal Labsのワークショップに参加し、リーン・スタートアップ手法を用いた商品開発に関する知識を深めます。

第7週〜第8週

卒業へ向けての準備開始

7週目と8週目は、いよいよ卒業後のキャリアに備えます。楽天エアマップなどの企業パートナーの協力により、実務経験を積む機会を提供します。そのほかレジメのアップグレード、テクニカル・インタビューの練習や、ピッチスキルを向上させます。

また、この2週間で、パブリック向けに英語でテクニカルプレゼンテーションを行います。今までの講演内容はブロックチェーンからシェーダーまで、あらゆるトピックについて語られました。

第9週

多言語チャレンジ週間

9週目は、生徒が自ら講師となり知らない言語を一つ選択し、学び、その言語を用いてフルスタックアプリケーションを作り上げます。このエクササイズを通じソフトウエアエンジニアとして重要な自主性を学び得ます。

第10週〜第12週

チームで取り組む卒業プロジェクト

約2週間半でチームを結成し、プロダクトの企画から開発までを行い企業レベルのアプリを卒業式で発表します。これまでの集大成となるプロジェクトですので高い難易度とクオリティーの維持すること意外はプロジェクトに制限はなく、生徒が作りたいと思うものに全力でチャレンジしてもらいます。

過去のプロジェクト

Habbits

第5期生の卒業プロジェクト
「習慣」をしっかりと身につけるためのモバイルアプリテクノロジー:React Native, Firebase, Redux, Sketch, Zeplin, Expo

Zenni

第5期生の卒業プロジェクト
ライブデータを利用したクラウドソースの災害マップテクノロジー:React Native, Google Maps, Expo, Firebase

Hack Butterfly

第5期生のソロ・プロジェクト
テクノロジー: Solidity, VueJS, web3, Ethereum

インストラクター紹介

No, really... please put a semicolon there.
フェリックス・キルンゼ
チーフ教育ソフトウェアエンジニア

ドイツ人のフェリックスは多様な技術バックグラウンドを持っています。以前は組み込み計測器を製造する会社でソフトウェア開発をしていました。同社では社内向けおよび顧客対応用のツールを作成していました。

ディラン・トラン
シニア教育ソフトウェアエンジニア

ディランはカリフォルニア州・オレンジカウンティの日当たりの良いビーチで生まれ育ち、以前はWalmart Labsのソフトウェアエンジニアでした。直近は仮想通貨業界のCoins.phでフロントエンド開発チームをリードしていました。

Takahiro Morita
森田 剛広さんMightyHive、ソリューションエンジニア

"「なぜもっと早くプログラムに参加しなかったんだろうと思います。今は素晴らしい同僚、申し分のない給料、そして世界を舞台に活躍できる職場に恵まれとても幸せです。」"

Code Chrysalisに入学する前は、剛広さんはSEOスペシャリストとしてタイで働いていました。
Kimiko Motoyama
Kimiko Motoyama

"With [Code Chrysalis's] help, I was able to receive several offers, and even negotiated the salary! I am at a company now that pays more than twice the salary at my last company!!! Even now they still ask how my job is going and check in with me often.

If you're thinking about joining, you should do it ASAP."

Kimiko increased her salary by 2.6x since graduating from Code Chrysalis.

チャレンジしてみませんか?