オープン

コース

他企業合同で受講可能な『オープンコース』

オープンコースとは?

2024年から始まった『オープンコース』は、従来のプログラムの課題でもあった人数制限や費用の改善を加え、より多くの方々に機会をご提供できるプログラムとしてご用意しました。
詳しいプログラム内容の資料
ダウンロードはこちらから

このような悩みはございませんか?

・エンジニアを内製化し採用コストを下げたい
・エンジニアチームのレベルを強化したい
・パワースキルを強化
    └エンジニアのチームワークやコミュニケーションスキル
・テクノロジーの進化に研修が追いついていない
・通常のコースだとコストの問題や人数確保に不安がある

オープンコース

他企業合同で受講可能な『オープンコース』
お問合せはこちら
詳しいプログラム内容の資料ダウンロードはこちらから

オープンコースとは?

2024年から始まった『オープンコース』は、従来のプログラムの課題でもあった人数制限や費用の改善を加え、より多くの方々に機会をご提供できるプログラムとしてご用意しました!!

このような悩みはございませんか?

・エンジニアを内製化し採用コストを下げたい
・エンジニアチームのレベルを強化したい
・パワースキルを強化
    └エンジニアのチームワークやコミュニケーションスキル
・テクノロジーの進化に研修が追いついていない
・通常のコースだとコストの問題や人数確保に不安がある

新しく開講されたオープンコースとは

  1. オープンコースで受講するメリット

    ①他企業からの異なる視点や、アイデアが交わり、発想力を高める

    ②社内の関係性を取り外した、フラットな環境で学べる

    ③参加企業同士コミュニケーションを取りながら切磋琢磨して成長ができる

    ④コストを抑えることができ、人数確保がしやすい
  1. Innovation icon
    オープンコースで受講する際の注意点

    ①他企業の方との関わりが必須になるため、円滑なコミュニケーションが必要になる

    ②他企業の方とのチームプレーになるため、スキルの違いが出てくる

カリキュラムのご紹介

  1. フロントエンドからバックエンドまでをカバーするITスキルの習得のみならず、エンジニアに必要なパワースキルを短期集中で習得します①テックスキルの習得
    ②パワースキルの習得
    ③アジャイルな開発手法の実践
    ④ペアプログラミングの実践
    ⑤結果を重視した取り組みとして、アプリ開発発表会を実施
  1. Promotion icon
    コース詳細と日程:①プリコース(2ヶ月)└プリコースはメインコースの2か月前に始まる、自習で進める短期集中コースです。2ヶ月の中で、いくつかの課題とテストに分けられています。

    コース詳細と日程:②本コース(16日間)└テックスキル(React.js(フロントエンド)Node.js(バックエンドとデータベース)等)とパワースキルであるライトニングトーク(プレゼンテーション)やアイデア創出を学び、受講者自らアプリ開発を実践します。
  1. コース受講対象者こちらのコースはエンジニアの方を対象としており、受講生は以下の知識レベルを有していることが参加の基準になります。対象レベル※こちらは一部になります

    ①開発環境の構築
    ②JavaScript の基礎
    ③オブジェクト(基本)
    ④データ型
    ⑤関数の高度な機能

サポート内容

弊社は、受講者の目的のゴールのためにサポートを徹底しております

・管理者・生徒へのサポート
└管理者、受講者に向けたキックオフ
└定例会での受講生の状況報告
└授業外での質問回答
└受講者の評価(テック・パワースキル)で効果を可視化

その他運営へのサポート ※有料
└PC・Wi-Fiの貸し出し等
御社のDX人材育成課題についてお聞かせください。
お問合せはこちら