Code Chrysalis corporate training
コードクリサリス 社員研修・教育

社員をリスキリングし即戦力エンジニアにするDX

コードクリサリスは
日本をソフトウェアエンジニアリング大国にするために、企業のDX人材育成の推進を行います。

コードクリサリスのカリキュラムは、成果主義に基づくアプローチ・情熱を持ったインストラクターによって、テックスキル、チーム開発好き、そして、必要不可欠なソフトスキルを習得できるように設計しています。

なぜコードクリサリスが
選ばれるのか?

Code Chrysalis students image

知識としてではなく、実践でコーディングできる
即戦力エンジニアを育成の実現

社員育成における伸ばしたい領域、深さ、期間、
それら全てにフィットしていた

アジャイル開発チームに欠かせない
ソフトウェアエンジニアリング・
プロダクトマネージャー・デザインチームの育成

成長マインドセットの習得

サービス内容

社員研修・新人研修

採用者向けに体系化した研修を実施し、即戦力エンジニアにするお手伝いをします。
また、現場のリソースを研修にあてて、現場がまわらなくなっていませんか?
自分で考えて、コミュニケーションスキルを身に付けたエンジニアを育成することで、
現場メンバーの負担を減らします。

チーム開発マインドセット

エンジニアを育成する上で、コミュニケーションスキル、自律性、
共感力のメンタル面のソフトスキルも大切です。
例えば、「ここがわからない」と聞くのではなく、
相手が答えやすくなる質問の仕方を身に付けることによって、
コミュニケーションを円滑にしチーム開発がしやすくなります。

社員研修

現在本校ではサービスを拡大し、確実な成果をもたらす
オーダーメイドの法人様向けのトレーニングを提供しています。

ソフトウェアエンジニアリング

スキルアップ・リスキリングが目的なら
・3ヶ月で即戦力エンジニアを目指す
 イマーシブコース [フルタイム]
・6ヶ月で即戦力エンジニアを目指す
 イマーシブパートタイムコース [パートタイム・リモート]

新人研修が目的なら
・5週間でプログラミング基礎力を身に付ける
 ファウンデーションズコース [パートタイム・リモート]
・動画学習でプログラミング基礎力を身に付ける
 ファウンデーションズライトコース [動画学習]

プロダクトマネジメント

”プロジェクト”マネージャー(PM)ではなく、
”プロダクト”マネージャー(PdM)が必要不可欠です。
PdMはビジネスが持続可能である状態を維持しながら、
デザイナーやソフトウェアエンジニアと協業し、
どのようなプロダクトとするか意思決定します。
ドメイン知識はもちろんのこと、テクノロジーの知識も必要とされる、
希少性の高い職種です。PdMを育成できる機関は他にありません。

デザイン

ユーザーとビジネスの間にある
あらゆるタッチポイントを通して、
ユーザーに何を提供するのか、
なぜそうあるのかといった、
サービスデザインを行います。

企画段階からPdMと協力してユーザー視点で
サービスをデザインします。
広告、購買、使用、カスタマーサクセスといった
すべての過程におけるユーザーとの
インタラクションを設計し、
PdMやSEと協業して実現できるようにします。

資料を
ダウンロード

助成金

コードクリサリスのイマーシブは、経済産業大臣認定講座(第四次産業革命スキル習得講座)に認定されました。

2020年10月以降に開催するイマーシブは、第四次産業革命スキル習得講座対象の講座なので、助成金を利用しながら学んでいただけます。

コードクリサリスの企業研修コースは、厚生労働省が提供している『人材開発支援助成金』を適用することができます。そのため、諸条件を満たすことで企業さまが助成金を受け取りながら、DX人材育成、新入社員研修を行うことができます。詳細な条件はこちら

また、人材開発支援助成金についてのブログ記事はこちらから

依頼までの流れ

日本人スタッフ(または日本語ネイティブ)がご対応いたします。

「うちには何が合っているんだろう」など、
どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

Code Chrysalis team

コードクリサリスについて

コードクリサリスは、海外ではポピュラーな「短期集中型」ブートキャンプという手法でソフトウェアエンジニアを育ててまいりました。

2017年に創業以来「技術だけではなく、チームとどう連携を取るかなど、実際の業務で必要となるソフトスキルも身につけることができる」と外国人エンジニアを中心に口コミで広がり、これまで830人が卒業(2021年12月現在)、87.5%がソフトウェアエンジニアとして就職しています。

私たちのプログラムの1つである3カ月間集中コース『イマーシブ』は経済産業大臣による第四次産業革命スキル習得講座として認定されています。また、慶應義塾大学の『慶應AI・高度プログラミングコンソーシアム(AIC)』に法人会員としても参画し、日本をソフトウェアエンジニアリング大国としていくための活動を積極的に行っております。

代表・設立者

カニ・ムニダサ

共同設立者&CEO

EMC(現在はDell EMC)、Greenplum、Pivotal Labsのエグゼクティブとして、業界のリーダーがソフトウェアを構築する方法を変え、顧客の成功を推進。さまざまな地域で、業界の壁を超えて事業の革新をサポート。日本生まれ、スリランカ育ちのカニは、東京農工大の機械工学科を卒業。専攻は機械システム工学。日本とアメリカで18年働いた後、Pivotalを退職し、 教育にかける情熱を追求するためにHack Reactor に移る。2017年、サンフランシスコから東京に引っ越し、コードクリサリスを共同設立。

ヤン・ファン

共同設立者&CОO

中国で生まれ、シアトル育ち。Dartmouth Collegeにて経済学とアラビア語の学位を取得して卒業後、シンガポールにてコモディティトレーディング会社に勤務。その後テック企業へキャリアチェンジし、サンフランシスコに移動後は機会学習におけるシリコンバレーのリーディングカンパニーであるスタートアップ企業、Ayasdiのソフトウェアエンジニアとなる。 2016年にはヨルダンの難民救済としてプログラミンスクールを設立し、CTOとして従事。コードクリサリスはYanにとって2つ目のコーディングブートキャンプである。

古久保 俊嗣

代表取締役 CFO

国内・海外の事業会社の立上げ、建て直し、成長戦略のハンズオン執行における専門家であり、日本での市場開拓、事業拡大に豊富な経験を持つほか、株式上場・M&A・事業売却などのエグジット戦略にも高度なノウハウを有する。直接経営した12社のうち11社を在任中に黒字化、2社を株式上場した。残り1社もその後に黒字化し世界的大企業に買収されている。住友商事時代にニューヨーク、ロサンゼルス、オークランド(NZ)でも勤務。男女共同参画・女性活躍の推進に寄与するNPO創業者・代表として15年にわたり社会活動しており、著書を4冊出版している。一橋大学商学部卒。

アドバイザー

出井 伸之

Quantum Leaps創設者兼CEO/ソニー元CEO、会長

森田 正康

Bancroft and Telegraph Inc. 代表パートナー

ダニー・バークス

VMware Tanzu Labs、アジア太平洋、日本、シニアディレクター

クリスティン・ヘイデン

IGNITE National、チーフパートナーオフィス。VisionVenture共同創設者、OneWorld Now創設者

トモミ・イムラ

Microsoft、デベロッパーリレーションズ, クラウド・アドボカシー

徳末哲一

BrainPad、スペシャルアドバイザー。日本女子大学、理事&顧問

ロッシェル・カップ

Japan Intercultural Consulting、マネージングプリンシパル、作家

富樫尚人

Boston Consulting Group、シニアアドバイザー、BrainPadエクゼキュティブアドバイザー